『青木重直』の動画を楽しもう!

【時代】 戦国時代 – 江戸時代初期
【生誕】 享禄2年(1529年)
【死没】 慶長18年11月21日(1614年1月1日)
【改名】 重直→浄憲(法名)
【別名】 貞勝、通称:加賀右衛門(加賀右衛門尉)、刑部卿、法印
【官位】 刑部卿法印
【主君】 土岐頼芸→斎藤道三→義龍→丹羽長秀→豊臣秀吉
【氏族】 青木氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から江戸時代初期にかけての武将。

武蔵七党の一つ丹党の末で美濃国に流されたと称する青木氏の一族。

ただし重直より前は、諸系図によって内容が異なり、確かではない。

[sengoku-2]

初め土岐頼芸、次いで斎藤道三に仕えた。

『信長記』の一部によれば、永禄2年(1559年)に織田信長が初めて上洛した際に斎藤義龍の命令で信長の命を狙った刺客の一人だったという。

美濃斎藤氏滅亡後は織田氏家臣の丹羽長秀に仕え、山崎の戦い、賤ヶ岳の戦いに参加した。

後に豊臣秀吉の家臣となって、御伽衆に列した。

[sengoku-3]

文禄2年(1593年)10月17日、摂津国豊島郡のうちで1400石を与えられ、文禄4年(1595年)9月21日、菟原郡で360石を加増された。

この後に剃髪して浄憲と称し、刑部卿法印に叙された。

慶長18年11月21日(1614年元旦)、大坂で死去した。

享年86。

遺領は長男の一重が相続した。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

青木重直(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【青木重直(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)