【時代】 安土桃山時代
【生誕】 不明
【死没】 慶長5年9月13日(1600年10月19日)
【別名】 五兵衛
【主君】 最上義光
【氏族】 江口氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代の武将。

最上氏の家臣。

出自は不詳であるが、文禄年間から最上義光の側近として京都付近での活動が見られる。

[sengoku-2]

奥羽版関ヶ原の戦いといわれる慶長出羽合戦で、光清は畑谷城に配置されていた。

西軍・上杉景勝の将・直江兼続が東軍・最上義光を攻めた際、畑谷城も攻撃を受けた。

義光は、犠牲を最低限に抑え山形城に兵力を集中させるため、使者を出し畑谷城を明け逃げ(退却)するように命令した。

しかし光清は「敵を目前にして城を捨てたとなっては、武士たるもの末代の名折」と言い聞き入れなかった。

[sengoku-3]

直江兼続は降伏勧告を行うも光清はこれも無視し、兵士300人と共に上杉軍相手に激しく抗戦し、城兵はすべて討たれた。

おそらくは周囲の住民も含めてと思われるが、直江兼続は「撫で斬りを命じて首500余りを挙げた」と書状に残している。

光清が徹底抗戦を決意するに至った時点で、一族の子女を密かに城外に逃がした。

城から出た子女らは、畑谷から小滝街道沿いに逃げ延び、各地に匿われた。

現在の上山市狸森地区・小白府地区・南陽市小滝地区にかけて、その子孫が現存している。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

江口光清(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【江口光清(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)