【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 永正10年(1513年)
【死没】 天正2年11月22日(1574年12月5日)
【別名】 通称:弥次郎
【官位】 和泉守(受領名)
【主君】 長尾為景→晴景→上杉謙信
【氏族】 柿崎氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

越後国の戦国大名・長尾氏(上杉氏)の家臣。

柿崎城、猿毛城城主。

七手組大将の一人。

永正10年(1513年)、越後の国人である柿崎利家の子として生まれたといわれる(生年には異説もある)。

[sengoku-2]

はじめ長尾為景に仕え、為景死後はその子・晴景に仕えた。

晴景と長尾景虎(上杉謙信)が家督をめぐって争ったときには、景虎を支持している。

謙信の下では先手組300騎の大将として重用され、永禄元年(1558年)に春日山城の留守居役を務めている。

永禄4年(1561年)の小田原の北条氏攻めにも参加し、直後の甲斐武田氏との第四次川中島の戦いでは先鋒を務め、八幡原の武田信玄の本陣を攻め、武田軍本隊を壊滅寸前にまで追い込んだ。

[sengoku-3]

また、斎藤朝信と共に奉行に任命されて上杉領内の諸役免除などの重要な施策に携わり、元亀元年(1570年)の北条氏康との越相同盟締結においても尽力し、子の晴家を人質として小田原城へ送るなど、内政や外交面でも活躍している。

謙信からの信頼は絶大で、謙信の関東管領職の就任式の際には、斎藤朝信と共に太刀持ちを務めた。

天正2年(1574年)11月22日、病死。

嫡男の祐家が前年の越中攻めで深手を負っていたため(生死不詳)、次男の晴家が後を継いだ。

墓所の楞厳寺には景家夫妻を描いた肖像が所蔵されている。

勇将揃いの上杉軍でも屈指の戦上手であり、上杉軍の戦いでは常に先鋒を務め、その名を聞いただけで敵は逃げ出したともされている。

ただし、景家の武勲に関しての資料は一切発見されていない。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

柿崎景家(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【柿崎景家(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)