【時代】 安土桃山時代 – 江戸時代前期
【生誕】 天正6年(1578年)
【死没】 慶長12年7月21日(1607年9月12日)
【改名】 虎千代(幼名)→光経→三経
【官位】 左近大夫
【主君】 結城秀康→松平忠直
【氏族】 桓武平氏野与党多賀谷氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。

越前北ノ荘藩主・結城氏の家臣。

父は下妻城城主・多賀谷重経。

幼名は虎千代。

初名は光経(読み同じ)であったが、後に烏帽子親となった石田三成から1字を与えられて改名した。

[sengoku-2]

多賀谷氏は結城氏と佐竹氏に両属する形で勢力を保っていたが、天正18年(1590年)の小田原征伐の後、天下人となった豊臣秀吉の命令により、結城氏を相続した結城秀康に従うこととなる。

これに不満を抱いた父が佐竹氏と結んで離反するに至る。

その後の調整で三経は支城の太田城を与えられて分知。

父の後継には佐竹義重の子・多賀谷宣家が養子として入り、三経は事実上多賀谷家から追放された。

主君・秀康は互いに父親の愛情薄い三経の身の上を案じて御普請与頭に任じて重く用いた。

[sengoku-3]

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは秀康に従い、上杉家の抑えとして活動。上杉景勝の南下を防いだ功により、秀康は越前に加増転封される。

三経も秀康に従って越前国柿原(現福井県あわら市柿原)で3万2,000石を領し、加賀前田家や丹羽家の動きを監視する重要な地を任されることとなった。

家臣団は200名ほどであり、僅かな期間の統治ではあったが、館を構えて城下町を形成し、領内に溜池をいくつも作り、農作の安定を図ったと伝わる。

知行地の館とは別に、秀康の本城である北の庄城(福井城)の城下、郭内の重要な場所に、かなりの大きさの屋敷を与えられている。

慶長12年(1607年)に主君・秀康が病死すると、3ヶ月後の7月21日、その後を追うかのように病死した。

30歳。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

多賀谷三経(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【多賀谷三経(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)