【時代】 戦国時代
【生誕】 不明
【死没】 天文22年2月25日(1553年4月7日)
【別名】 通称:小六(小六郎)、蔵人、彦右衛門、法名:正定
【氏族】 蜂須賀氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

尾張国に力を持つ国人領主であった。

蜂須賀正成の次男。

正室は某氏、継室は大橋定広の娘。

[sengoku-2]

諸系図によれば蜂須賀氏は斯波氏の支流として清和源氏の末裔を称し、尾張守護の斯波義重に従って尾張国に入り、海東郡蜂須賀村(現在のあま市)を代々領した。

同村にある蜂須賀城主の蜂須賀正永(広秋)は祖父、父正成はその次男にあたる。

正成は尾張守護家に仕えていたが、動乱により一族は別れた。

長男正忠は三河国に流れたか、または織田信秀に仕えたらしい。

後年その子正刻(政刻)は松平家康に仕え、本多忠勝与力となっている。

次男正利の子が正勝で、『藩翰譜』によれば、正利は蜂須賀百貫の地を知行を兼ね、北尾張の被官を務めたという。

[sengoku-3]

『蜂須賀家記』では初めは濱姓を名乗り、次に斎藤姓を、蜂須賀村に二百貫の知行を得て、蜂須賀姓にしたとある。

斯波氏の凋落後は、正利の家族は美濃国の戦国大名斎藤道三に従った。

小和田哲男は『豊臣秀吉』で、豊臣秀吉の父木下弥右衛門は正利に仕えたとし、その縁で秀吉は少年時代に正利の子である正勝に仕えたという。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

蜂須賀正利(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【蜂須賀正利(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)