【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 享禄2年(1529年)
【死没】 天正19年6月6日(1591年7月26日)
【別名】 重棟
【主君】 別所就治、安治、長治、豊臣秀吉
【氏族】 別所氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。

名は重棟(読み同じ)とも。

元亀元年(1570年)、甥(長兄・別所安治の子)の別所長治が家督を継ぐと次兄・吉親と共に、その補佐役となった。

[sengoku-2]

永禄11年(1568年)、織田信長に擁されて上洛した足利義昭の下へ別所一門を率いて馳せ参じるなど、信長との協調路線を採っていた頃の別所氏では、その外交を担当していた。

しかしその間、信長と羽柴秀吉を快く思っていなかった吉親とは折り合いが悪かった。

別所氏総領の長治が信長に反逆すると(三木合戦)、これに反対して織田陣営となった。

兵糧攻めに遭った三木城が耐えかねて開城した際、長治らに対して最終的な開城交渉を行ったのは重宗である。

[sengoku-3]

天正13年(1585年)、秀吉によって但馬八木城1万5千石を与えられた。

その後は秀吉の家臣として九州平定や小田原征伐に従軍した。

のち堺に隠居したと伝わる。

福島正則の姉を娶り、長子の正之は正則の養嗣子(後に廃嫡)となっている。

次子の宗治(主水)は旗本として徳川氏に仕え、大坂の陣の天王寺・岡山の戦いで討ち死にしている。

跡を信治が継いだ。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

別所重宗(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【別所重宗(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)